Who's afraid of TOEFL iBT | 札幌で留学・海外進学・奨学金獲得なら【SEA国際教育研究所】

ホーム > Who's afraid of TOEFL iBT

海外進学お役立ち情報・コラム

※無料模試をご希望の方は、このページ下部の問い合わせフォーム・もしくはお電話でご連絡下さい。

TOEFL iBT® を見つめる日本社会の熱い視線

■2017年度より希望者に対して高校の受験の際に TOEFL iBT® スコア提出可

大阪府教育委員会は府立高校の入試に、受験生が希望し事前に申しでれば TOEFL® の点数を英語の得点として換算され (TOEFL® 60 点を入試で 100 点に換算 )、当日のテストの得点と比べて高いほうを合否判定に使うことができる方式採用を決定。
(2017 年度から導入予定 )

【朝日新聞デジタル 2013 年 9 月、ベネッセ教育情報ニュース 2013 年 10 月より抜粋】

■大学入学・卒業資格に TOEFL iBT® 基準点を設定

自民党の教育再生実行本部は、大学の受験や卒業資格に TOEFL® を活用する方針を固めた。 対象は、全国の国公立大学で、学部ごとに基準点数を定め、基準に満たない場合は、受験や卒 業ができなくなる。たとえば、東京大学文科一類の受験資格は「TOEFL○○○点以上を獲得し た者」と定め、公表する。点数基準は各大学に自由に定めさせる。

【朝日新聞デジタル 2013 年 4 月、MSN 産経ニュース 2013 年 3 月より抜粋】

■国家公務員の採用試験に TOEFL iBT® のスコア

キャリアと呼ばれる総合職を対象とした国家公務員試験に英語資格試験を導入する。成績を 採用試験の際に提出すれば TOEFL® 80 点以上でプラス 25 点、65 点以上でプラス 15 点を総 得点に上乗せされる。総合職の合格最低点は例年 500 点前後で、合格ライン上の受験者には 貴重な得点源となる。(2015 年導入予定 )

【朝日新聞デジタル 2013 年 5 月、12 月より抜粋】

イメージ写真 イメージ写真 イメージ写真

TOEFL iBT® の規模と活用度

  • 現在までに 2,700 万人以上の受験者数
  • 世界 165 ヶ国、4,500 の試験会場で年間 50 回以上試験を実施
  • 世界 130 ヶ国、9,000 以上の大学や研究機関が採用
  • 80%以上の教育機関の入学審査担当者は他より TOEFL iBT® を信頼

【ETS 広報資料より】

TOEFL iBT® の実体、攻略方法、使い道

  • TOEFL iBT® は英語の試験というよりも、学術的な基礎教養レベル、分析能力、批評能力を英語での試験で判断するもの。
  • リーディングとリスニングは最低でも 8,000、理想的には 10,000 語の語彙力を 1 年くらいじっくり時間をかけて養成することが望まれる。
  • スピーキングとライティングは文法や語彙が多少弱くても質問を理解し、論理的に対応できれば、平均的高校生でも半年ぐらいのトレーニングで20点前後(30点満点)くらいの得点は可能。
  • 4 分野平均 20 ~ 23 点ぐらいの得点をとれれば、英語を共通言語とする生活や仕事の場面でも十分機能できる基盤を確立したと考えてよい、しかし総合点で80点(120点満点)あったとしても、20点を大きく下回る部分が一つでもあるとそれがコミュニケーション能力の足かせとなる場合が多い。

ー 私どもSEAの1977年からのTOEFL®対策指導、そして2006年からのTOEFL®iBTの対策指導経験から ー

SEA受講生のTOEFL iBT®スコアの伸び(2013−2014)

受講生 開始時スコア 暫定最高スコア 受講期間(月数) 伸び率(点数)
No.1 37 67 8 30
No.2 42 71 7 29
No.3 40 68 3 28
No.4 48 70 9 22
No.5 53 74 3 21
No.6 63 84 5 21
No.7 41 61 6 20
No.8 65 83 5 18
No.9 52 69 5 17
No.10 61 77 6 16
No.11 50 65 2 15
No.12 82 96 2 14
No.13 53 67 2 14
No.14 53 66 2 13
No.15 68 81 3 13
No.16 70 82 7 12
No.17 54 65 2 11
No.18 63 74 5 11
No.19 73 81 1 8
No.20 55 62 2 7
平均 56 73 4ヵ月 17点

多くの平均的高校生を海外大学へ直接進学できるレベルまで指導してきたSEAの実績

→学習者のTOEFL®iBT獲得点数を「合格実績」から見る

1977年からのTOEFL®対策教育ノウハウがつまった対策講座

→SEAのTOEFL®iBT対策講座の詳細を見る

問い合わせ・無料模試申し込み

の必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。

ご入力内容に不備がございます。エラーが発生した項目を修正し、送信しなおしてください。

ガイダンスをご希望の方は
相談方法をお選び下さい


    Skype ID

お名前
メールアドレス
都道府県
電話番号
学年・職業
どちらで、SEAを知りましたか?
ご要望・ご質問など、お気軽にご相談ください。
SEAからのメール配信を希望しますか? 希望する

※ ご入力いただきました情報は「個人情報保護方針」に従って取り扱われます。
※ 送信できない場合はお手数ですが info@seaedu.co.jp までお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

0120-262-367 (携帯からは011-726-2367
営業時間/9:00~18:00 月~土


PAGETOP
Copyright © 2017 School for Educational Alternatives. all rights reserved.