アカデミックスキル対策講座を振り返って。 | 札幌で留学・海外進学・奨学金獲得なら【SEA国際教育研究所】

ホーム > 卒業生の声 > アカデミックスキル対策講座を振り返って。

卒業生の声

2011.06.14

五十嵐剛斗さん
■出身校/札幌東高等学校
■進学先/SUNY Geneseo(ニューヨーク州立大学ジェネシオ校)

 

大学2年目を終えた五十嵐さんが、SEAに遊びに来てくれました。その際にアカデミックスキル対策講座(Academic Skills)を参観しての感想を書いてくださいました。
 



20110614_01.jpg私がNY州立大学Geneseo校へ来て早2年が経ちました。大学生活も半分が過ぎ、

残る半分は授業はもちろんのこと、進路選択などこれまでよりも濃く充実した生活になるだろうと楽しみです。


 

大 学生として最初の1年 間は英語に苦しみました。アメリカに着いてすぐの頃は現地で使われる英語の速さに戸惑い、まともなコミュニケーションもままならないという状況が続きまし た。出発前にはどうにかなるだろうとどこか楽天的な考えでいましたが、いざ現地での生活が始まれば、聞けない→答えられない→会話にならない→次回から間 違いが怖くて話さない、という負の連鎖から抜けられなくなりました。SEAで培った自信も粉々に打ち砕かれ、留学しなければ良かった、と後悔することも 度々ありました。


 

しかし、コミュニケーションに関する部分でのつまづきとは裏腹に、学業面は思いのほか順調でした。リスニング・スピーキングで苦しんでも、授業では教科書を自分のペースでじっくりと読むことで理解力を高めることができました。


 

2 年 目に入ると自分の英語力にも自信が付き、生活の中で英語で困ることもほぼなくなりました。それと同時に授業のレベルも上がり、より一層多様な考え方が要求 されました。一つの考え方に偏ることなく、異なる人種、国、生活水準、文化から生まれる各人の考えを尊重するスタイルが常日頃の生活の中に組み込まれてい るというのは、日本ではなかなか経験できないように思います。授業だけに限らず、私生活の中でもそれはよく見られます。印象的に残っているのは、先日3月 11日 に起こった東日本大震災でした。友人と震災について話していると、メディアで報道されているのとは違う視点での意見が飛び出し、議論がヒートアップするこ ともありました。必ずしも万人受けする意見ではなくとも、それを自分の考えとして自信を持って話す友人には感心しました。


 

授 業内外を問わず、Critical thinkingと いうのは留学生活の中で重要な鍵であると感じます。自分の考えに対して正直なレスポンスが返ってくる。時にはグサッとくることもありますが、そこからまた 新たな考え方、疑問、答えが生まれ、一段また一段とレベルの高い議論を交わすようになる度に自分の成長を実感します。相手を傷つけることを気にしての馴れ 合いの討論とは違い、ストレートに自分の意見を飛ばす中で、Critical thinkingは絶対的に必要です。


 

しかし、自分一人でその力を付けるのはなかなか難しいものです。自分の意見に対しての周りの反応、周りの意見に対しての自分の応答があってこそ、Critical thinkingの力というのは養われていきます。


 

私 がSEAでAcademic skillsを受けていた頃は、教材も当時の自分にはやり応えのあるもので、クラスメートと一緒にReading 教材を理解するところから、基礎知識の違いなどで生まれる異なる意見、更にそこから勃発する白熱した議論、それに対するWriting assignment(ライティングの宿題)での意見交換など、自分では見えなかったポイントが見えるようになるのがとても面白いと感じながら毎日取り組 んでいました。

TOEFLクラスでは英語力の向上、またそれに伴う文化的な基礎知識の発展が中心でしたが、自分の意見を発信するまでには至 りません。Academic skillsでは、高いレベルで自己の考えを英語を道具として相手に伝える練習ができるので、大学生活により近い状況で学習ができました。少人数のため、 意見交換や議論をするためにもそれぞれが毎回しっかりと課題をやってこなければならず、プレッシャーもTOEFLクラスとは違います。課題をやりきるので 精一杯で、質の良い課題提出ができないことも時折ありましたが、英語に不自由を感じる中で送る大学生活では、現地の生徒が1時間で終わらせる課題に3、4 時間を費やすのが必然となります。


 

実際にアメリカで大学生活を送り始めてから、Academic skillsの肉体的、精神的負担が留学準備のために良い刺激となったと実感しました。留学直前の3ヶ月であのクラスを取っていなければ、もっと大変な苦 労をしただろうと思います。Academic Skillsで得た“意地でもやり遂げる”という根性には大学でも助けられています。


PAGETOP
Copyright © 2017 School for Educational Alternatives. all rights reserved.