ホーム > プログラム > 海外進学コンサルティング

プログラム

海外進学コンサルティング

海外進学コンサルティング

海外の学校とひと言にいっても数が多いうえに特徴もさまざまなため、海外留学の学校選択は非常に時間がかかります。また、いざ出願となっても手続きが複雑で手間がかかり、準備に多くの時間を要します。SEAの出願サポートプログラムは学校選びから出願サポート、給付型(返済無し)奨学金の獲得交渉、合格通知を獲得するまでを完全個別対応にてサポートします。
奨学金の交渉では、SEAのコンサルティング料金以上の奨学金を獲得する方々は少なくありません。

また、遠隔地へのサポートもスカイプにて行います。
→プログラム一覧へ戻る

appsupport.JPG

■こんな方におすすめです

  • TOEFL®iBT等の試験の点数を持っており、海外進学や編入を検討している
  • 海外高校・大学の選び方が分からない、プロに相談したい
  • 返済なしの奨学金を獲得し、留学したい
出願サポートの流れ

 初回ガイダンス

初回ガイダンスでは、皆様と海外留学の目的の確認や、将来に向けてのビジョン等についてのお話をさせていただき、お互いの理解を深め合い、現状を直視した上で最良の海外進学の選択を行うための基盤を築きます。

■海外進学形態と対象者

  • 海外中学・高校入学/編入希望者
  • 海外2・4年制大学・大学院進学/編入希望者
  • 第2学位取得・単年の海外留学希望者にも対応します

■志望校選択「15の基準」

下記の「15の基準」に記入して頂き、この基準を基に、担当カウンセラーが海外教育機関のリサーチを行い、志望校選択サポートを致します。SEAは、過去30年以上の実績を基に、皆さまに満足してもらえるよう、ご希望条件に近い学校をSEAの過去の出願実績校やリサーチ対象校の中から厳選します。
その上で、どの学校を志望校にするかはご自身でご決断頂けます。

  • 希望の国
  • 希望入学時期
  • 専攻学科
  • 学費(年間経費)
  • 語学・学力(GPA)
  • 気候・地理的条件
  • 地域的条件(都会、郊外、田舎)
  • 規模(学生数、施設、設備)
  • 教授:学生の比率
  • 人種構成比率
  • 留学生構成比率・人数
  • 学校のレベル
  • 奨学金資金
  • 在学継続率と卒業率
  • 入学審査課の対応

■パスポート有無の確認

パスポートは世界で通用する「身分証明書」です。
出国する時はもちろん、海外大学が要求する英語力を計るテストであるTOEFL®やIELTS™を受験する際にも必要となります。

 志望校選択ガイダンス(6回まで)

学校選択ガイダンスイメージ

志望校選択ガイダンスでは、初回ガイダンスで話し合った希望を基に、志望校選択サポートを致します。

■志望校情報収集

志望校に関する情報を集める上で活用する資料(英語)やホームページ(英語)のどの部分をどのように調べていくかについて、ご自身で調べることが出来るよう指導していきます。海外に1人で生活していく上で必要不可欠なリサーチ能力を養っていきます。
各学校の公式ホームページに掲載されていない情報(詳しい受講内容、TOEFLやその他の試験のスコア、出願書類詳細など)について担当カウンセラーが学校担当者と連絡を取り合って進めていくので安心です。

■志望校3校決定

志望校を3つのレベルに分けて決定。

REACH(リーチ/努力目標) 合格率50%以下のチャレンジ校
TARGET(ターゲット/本命脂肪) 合格率80%以上の志望校
BACKUP(バックアップ/安全対策) 合格率90%以上の滑り止め校

■志望校のある地域に関する情報提供

DVD資料(英語)や、インターネット(英語)等で志望校のある州(地域)の歴史等に関する情報提供を行っていきます。
海外教育機関の担当者及び、在校中のOB、OGに直接現地の情報を頂けます。

■3者懇談

出願者が成人の場合はご本人に、そして未成年の場合は、保護者との3者懇談を行います。
志望校の概要説明と出願に必要な書類の説明、志望校進学までの流れを説明いたします。
(スカイプでの3者懇談も実施しております。)

 出願準備ガイダンス(6回まで)

出願準備ガイダンスイメージ

出願準備ガイダンスでは、Step2で決定した志望校に出願するためのサポートをしていきます。

■出願書類(全て英文)の作成サポートをいたします。

  • 過去3年間の成績証明書の翻訳
  • 卒業証明書(卒業見込み証明書)の翻訳
    現在又は過去に在籍した学校に作成して頂く書類です。英文の証明書を出して頂くことが難しい場合は、SEAの担当カウンセラーが翻訳し、英文書類を作成いたし、学校の証明印をいただく方法をとらせていただきます。
  • 人物紹介状 例)校長先生、担任の先生、仕事先の上司など紹介状の翻訳
    平均2~3名の人物紹介状が英文で必要となります。SEAでは、担当カウンセラーが日本語で書かれた紹介状を翻訳いたします。
  • 英文財政能力証明証に関するアドバイス
    海外の教育機関に提出する財政能力証明書は一般的に、両親又は本人の銀行の残高証明書を用いる場合が多いですが、その他の方法についてのアドバイスも行います。
  • 英文自己紹介文、英小論文作成指導(500文字)
    学校に提出する英文の自己紹介文や小論文の作成の指導をしていきます。
  • ポートフォリオ
    芸術系の先行の場合、ポートフォリオ(個人の技能や考えを示す作品集)の提出が求められます。SEAでは、ポートフォリオの作成のアドバイスも行ってまいります。

※志望校によっては、上記基本出願書類以外の添付資料を求められることがありますが、SEAでは、直接学校と連絡を取り合って進めていくので安心です。ただし、大学や大学院での履修内容の翻訳は外部発注となり、別途料金がかかりますのでご了承下さい。
※学校が要求する基準を満たしていない場合、30年以上の実績をもとに、上記基本出願書類に加えて提出する書類をアドバイス、作成支援いたします。

■出願

SEAでは担当カウンセラーが出願に必要な書類の確認を行った上で、出願書類やオンラインで出願者の情報を出願校に送ります。
その際には、日本円で5,000円程度の出願料がかかる事もご了承下さい。

■合否

毎年数多くの願書を全世界から受付けている学校にとって合否判定はとても時間のかかるプロセスです。しかし、海外からの出願者は早目に合否判定をもらい、次の手続き(ビザ申請や入学手続き)に入る必要があります。SEAでは、学校と密に連絡を取り合い、合否判定及び、続く手続きに必要な書類を間違えなく素早く送ってもらうよう手配いたします。

 最終ガイダンス

最終ガイダンスでは、入学先決定の支援をしていきます。
複数の合格先の中から入学先を決定するプロセスは、出願先を決定することと同じく重要となります。
SEAの担当カウンセラーが客観的な立場から皆様の意思決定のサポートを行います。

■合格後のサポート(別途料金)

入学先決定後、入学手続きを速やかに行う必要があります。ビザ申請・健康診断書作成、渡航手配、入学先の出迎え手配、海外送金に関することまで、多岐に渡った手続きをサポートしてまいります。

期間&費用

出願サポートパッケージ
(有効期間12ヶ月)
1校
200,000円(税別)
2校
300,000円(税別)
3校
400,000円(税別)
4校
500,000円(税別)

注1) 各国最上位ランク校・追加出願や出願サポートのみご希望の場合は上記費用に100,000円が加算されます。※条件:ご希望される出願校の入学条件を満たしていること。

注2) 担当カウンセラーが関知しない学校への出願に関しては、願書作成のアドバイス、出願書類の点検、弊社からの推薦状の作成には応じかねますのでご了承下さい。(担当カウンセラーが関知しない学校とは、ガイダンスの中で両者の合意をもとに列挙された入学先リストに含まれず、参加者が独自で出願する学校を指します。)

注3) 出願書類の準備は、担当カウンセラーの指示に従って速やかに進め、出願書類は出願書類発送前に必ず担当カウンセラーの点検確認を受けた上で郵送して下さい。担当カウンセラーが関知しない学校になされた出願については、出願後に出願先との連絡業務をお受けできない場合がありますのでご了承下さい。

注4)上記以外の形で御希望の際は、個別の御相談に応じます。


PAGETOP
Copyright © 2017 School for Educational Alternatives. all rights reserved.