SEA卒業生の声・卒業生の就職情報 | 札幌で留学・海外進学・奨学金獲得なら【SEA国際教育研究所】

ホーム  > 就職情報  > SEA卒業生の声・卒業生の就職情報

お知らせ

山本龍一さん
■出身校/県立岐阜高校
■進学先/ユタ州立大学
■卒業/同大学・大学院2011年12月卒業予定*
■内定先/独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 



高校生時代の自分は、お世辞にも誇れるものではありませんでした。宇宙開発に憧れながらも部活にかまけて学生の本文である勉強を怠る日々。ふと自分の立場に 気付いた時は、既に三年生の夏。「このまま挑んでも間違いなく落ちて、浪人生になるだろう。そうなったときに勉強に対して真剣になれるのか。」自分の今ま での生活を顧みて、間違いなくさらに堕落してしまうと感じた自分は、荒療治に乗り出しました。身一つで学ぶ、留学という選択です。これは当時、高校留学を 経験していた同級生の影響もありました。

岐阜に住んでいた自分がSEAを知るようになったのは、留学について詳しく調べるため名古屋のアルクを訪れた際に、吉田さんと偶然出会うことができたからでした。今思えば、この偶然がすべての始まりだったのかもしれません。

 

20110720_01.jpg

〜中略〜


大学に入学してからは、思っていた以上にハード な日々が待ち受けていました。特に入学一年目はホワイトボードに書かれることを理解することすら難しく、授業内容こそいま振り返ってみればそれほど難解な 物でもなかったのですが、それが英語で表現されるだけで途端に解けなくなり、自分の実力のなさに悔し涙を流したこともありました。

〜中略〜


卒業研究では、NASAの主催する大会に向けロケットをチームメイトと協力して設計、製作をしました。自分は航空機や人工衛星の誘 導、制御システムに興味を持って勉強しており、その力を発揮しつつ、新たに学ぶためにチーム内ではロケットに組み込む軌道制御プログラムの担当をしまし た。途中大きなミスもありましたが、教授に怒られながら、チームメイトに支えられながらなんとか形にすることができたと思います。大会では参加した29大 学中、総合1位の成績を収めることができ、仲間と喜びあったのを今でも鮮明に覚えています。

つづきを見る

鎌田知里さん☆プロフィール

■札幌国際情報高等学校卒業

■サウス・ミネソタ州立大学卒業

■Pasona MIC就職 (Pasona米国法人と米国三菱商事会社の合併会社)

 


chisato pic1.JPG

 

私は現在アメリカミシガン州の日系企業でリクルーターとして働いています。まさか自分がこんな土地でこんな仕事をするなんて、留学を決めた当初は全く想像もしませんでした。

そもそも私が留学した理由ですが、いくつかあります。まず、日本の大学へ行くには専攻を決めて受験しなければなりません。高校生の時には将来どんな仕事がしたいのか、世の中にどんな仕事があるのかも全くわかっていなかったので、専攻なんて決められるはずもなく、進路調査票を“未定”のまま出し続け、2年生の時に親にも担任にも、しっかり将来を考えろと怒られました。ならば専攻の変更が途中でも可能なアメリカの大学へ行こうと思ったのです。もちろん理由はこれだけではありませんが、これが一番大きな理由でした。

この様に特に将来の大きなビジョンもなく、ミネソタ州のトウモロコシ畑の真ん中にある田舎の大学に入学しました。大学を選んだのも、学費が安かったからというだけの理由でした。

つづきを見る

1


PAGETOP
Copyright © 2017 School for Educational Alternatives. all rights reserved.